IIJ-SECT

IIJ

 

Security Diary

HOME > Security Diary > IPAの「標的型攻撃メールの分析に関するレポート」

標的型攻撃メールの分析に関するレポート

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)からIPAテクニカルウォッチ「標的型攻撃メールの分析に関するレポート」が公開されています。早くから標的型攻撃に注目し、関連するマルウェアの解析や、標的型攻撃への対応窓口の開設などを行ってきたIPAが、実際の攻撃事例について分析したレポートです。

このレポートでは、実際の攻撃に利用されたメールの様態について集計し、結果を元に議論を行っていますが、いくつかの事例についてはメールの本文等の詳細情報についても示しています。

標的型攻撃については本年9月後半以後報道等で大きく扱われていますが、詳細情報の公開されることはあまりありません。このレポートでは、メールを用いた標的型攻撃について、その実態を垣間見ることができる内容となっています。

攻撃の入り口としてのメールがどのような様態で送付されいて、どのような内容であるかを把握することで、一般の利用者やネットワークの管理者等にとって、メールを利用した標的型攻撃への対策を考える上でも貴重なレポートといえるでしょう。

-
 
カテゴリー :
その他  
タグ :
IPA   Targeted Attack  
この記事のURL :
https://sect.iij.ad.jp/d/2011/10/032275.html